スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

☆時には神聖に・・・☆

l003500875_01.jpg今日は雛祭り、お嬢様のいらっしゃるご家庭では、健やかに育ってほしいとの親ごころから、今夜の食卓は楽しい笑い声とともに、華やかなメニューで賑わうことでしょう。我家も今夜は、ちらし寿司に潮汁、西京漬けにした鰆の焼き物に菜の花のお浸しで気分だけでも桃の節句を感じようかなと思っております。西京漬けとは、旬の時期に獲れたお魚を使い、白味噌で漬込まれたもので、ほんのり甘く他の味噌に比べ塩分が少なく、たんぱく質などの好成分を豊富に含んでいて関西ではよく食卓に並ぶのではないでしょうか。
ファレノプシスフレグランスセット

さて、祭りという事で、バリ島の祭りの話を少し・・・。
生活とヒンズー教が一体となったバリ島では、毎日どこかしらで、祭り事が行われており、それに伴い、いろいろな舞踏も観る事ができます。
そんな中で、ニョピというお祭りがあり、このニョピは、バリ島の祭りの中で最も注意が必要な祭りです。なぜ、注意が必要かというと、そのニョピの日は、一切外出が禁止になるからです。
ヒンズー教は、「ウク暦」と「サカ暦」の2つの暦が使われており、ニョピは「サカ暦」の新年にあたる丁度この時期に行われるます。そして今年は、その日が3月30日になります。
昔からの言い伝えですが、この時期に地獄の主神「ヤマ」が悪霊の国を掃除するため、悪霊達がバリ島に逃れてくると言われています。 そのため、バリの人々はこれら悪霊がバリ島から去った後、島中を浄化する必要があると考えています。ニョピの前日には、村々の「辻」に悪霊へのお供え物が置かれます。夜になると、オゴオゴと呼ばれる山車が街中を練り歩き、松明を焚き、楽器を鳴らして、供え物を食べた悪霊に、もう危害を与える事無くバリ島から立ち去るように促します。
そして、ニョピ当日は、悪霊が去るのを瞑想して待つ日になるのです。
人々はいかなる活動もしてはならず、一切の外出も禁じられています。
一年に一度、この日だけはバリ島全島が静寂に包まれます。
外国人観光客に対しても、ニョピは適用となり、ホテルからの外出は一切出来ません。オプショナルツアーについては、中止となるでしょう。ホテル内施設(レストラン、スパなど)に関しては、基本的にはオープンしておりますが、一部クローズになる場合もあるでしょうから、事前にご確認したほうがいですね。
陸・海・空、全てのルートから、バリ島へ入る事が不可能となりますので、この日に向けてバリ島へ行かれる方は、十分な計画される事をお奨めします。
このように、島中が神聖な空気に包まれるこの日をあえて経験される方も、いらっしゃるでしょう。
私もニョピは経験しましたが、神を崇めるその姿には宗教にあまり触れる機会がない為、いい経験をしたと思っております。
まだまだ、テロの不安もあるバリ島です。気をつけて観光されますよう願っております。
                        ティアラ

スポンサーサイト

2006/03/03 11:24 | バリ島の思い出・・・。COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

☆バリ島に向けて☆

昨日、ガルーダインドネシア航空から、号外のメールがありましたので、これからバリ島へ行かれる方の参考になればと思い、
以下、抜粋しておりますので、ご参考にして下さい。

バリ島出国手続きの一部変更に関して

空港の警備強化の一環として、2005年10月2日よりバリ島出国手続きが
一部変更になっております。バリ島(ングラライ空港)から出国の際に、
パスポートの顔写真ページのコピーを出国係官に手渡して頂く事に、なりました。
空港でもコピーは出来ますが、手続きの時間短縮と定時運行の為、
日本もしくは現地のホテル等で事前にパスポートの顔写真ページのコピーを用意される事をお勧めいたします。

バリ島渡航情報について

外務省海外安全ホームページにて危険情報などをご確認いただけます。
 http://www.anzen.mofa.go.jp/


近々ご出発のご予定の方は、どうか、くれぐれも気をつけてご出発されますように。
また、素敵な旅でありますように、祈っております。

2005/10/04 11:13 | バリ島の思い出・・・。COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

☆悲しい出来事・・・☆

バリ島で、テロがまた起きてしまいました。
もう、言葉になりません。
前回のテロからやっと復興出来て、観光客も戻り航空機も増便され、やれやれと思っていた矢先のことでした。
私は、前回のテロの3ヶ月後に、バリ島を訪れました。
その時には、クタのテロ現場には、さすがに行きませんでしたが、スタッフと絶えず行動をしていましたので、それほど恐怖感はありませんでしたが、やはり観光客が減っている状況は感じ取れました。
バリ島の多くの現地人が、観光産業で生活を営んでいますので、今回のテロは前回の時より、かなり死活問題になるでしょう。
実は、私は大統領選挙の時に、暴動を経験しています。
バイパスが火の海になり、スタッフと車に乗っていたのですが、なんとかその場から回避し帰宅することが出来ました。
その時の後日談もあるのですが、バリ島ではこういう恐い経験を何回かしています。
観光だけで訪れる方々には、あまり関係のない事だと思い、記事にしていませんでしたが、今回のようなテロは避けられないことであり、いつ起こりうるかわからない為、本当に遺憾に思っております。
先日、バリ島に訪れる方が増えてきて嬉しいというお話を、書かせて頂いたばかりなのに、本当に残念でなりません。
これから、バリ島へ訪れる予定のある方は、今、行くかキャンセルするかで、悩んでいらっしゃるのではないでしょうか?
こればかりは、個人の自由であり、個人の責任で判断されることですから、私がとやかく言える立場でもないのですが、もしそれでも行くと決断されたのでしたら、くれぐれも、繁華街や人が大勢集まる所には、近づかないで、ゆっくりと旅をされますように、そしてそれこそいい思い出一杯で帰国されることを願っております。
最後に、今回のテロで犠牲になられました方々のご冥福をお祈りいたします。

2005/10/03 10:05 | バリ島の思い出・・・。COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

☆こころが奏でる☆

最近、私の周りで「バリ島に旅行するの」とか、「知人が今度バリに行くの」と言う話をよく耳にします。
新婚旅行、家族旅行、休暇を利用しての旅行、仕事の仕入れなどなど、目的は様々ですが、そんな話を聞くと、バリ島を愛する人達が私の周りにもいるんだなぁと、いつも嬉しくなります。
もうすでにバリ島を満喫してこられた方は特に、また、これからバリ島を訪れる方も、ガムランの奏でる音楽を聴くと、なぜこんなにバリ島がこころを癒してくれるのか少しはわかってもらえるのではないかと、「バリ島ガムランの奇跡」を紹介させて頂きました。
でも私は、なるべくガムランを聴かないようにしています。
なぜなら、聴いてしまうと、たまらなく行きたくなってしまうからです。
それでも、本当に辛い時はどんな言葉より、なぐさめられるような気がします。

ここでひとつだけ、初めてバリ島へ訪れられる方々に、両替のアドバイスを書いておきます。
両替のレートは、それぞれの両替所によって違います。
バリ島には、数多くの両替商をしているお店がありますが、レートのいい悪いより、両替の時に
ごまかされないようにする注意が必要です。
一度に大金を両替せずに、(1万円でも、ルピアに両替すると今なら大体800,000Rp前後ぐらいになると思います)その場で自分自身で計算し、確認してください。計算機をごまかしていたり、数える時にごまかしたりしますので、とにかく再確認することをお奨めします。
また、両替所も場所が頻繁に変わったりしていますので、ここで何処がいいと言う事は言えませんが、ホテルの両替はレートが悪いということだけお伝えしておきます。
いずれにしましても、楽しく旅行して頂きたい為にも、盗難やひったくりに遭遇しにように、くれぐれも貴重品は肌身から離さないでくださいね。
少し、マイナスイメージなことを書きましたが、それに変えられないほどステキな島です。
思いっきり楽しんで来てくださるよう、祈っております。

2005/09/30 11:19 | バリ島の思い出・・・。COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

☆少しほっと~しませんか?☆

久々にバリ島の話題を・・・。
猛暑が続く中、連日のエアコンで身体を冷やしすぎてしまった時に、やさしく暖めてくれるジンジャーティーはいかがですか?。
これは、バリ島でエステの後に出してくれるハーブティーのひとつでもあります。
なんとなく、身体がだるい時や食欲がない時、また夏風邪を引いてしまった時などにお試しください。

私はもともと生姜が好きなのですが、特にこの季節生姜はよく料理に使います。
バリ島の料理にもよく使われていますが、もともと生姜は日常の病気の予防と治療にも使われてきたハーブらしいです。
生姜茶には新陳代謝促進、風邪、熱冷まし、殺菌作用などの薬理作用に優れているらしいので、暑いこの季節は自然と身体が生姜を欲しているのかもしれませんね。

2005/08/10 12:45 | バリ島の思い出・・・。COMMENT(6)TRACKBACK(0)  TOP

☆願いをこめて!☆

バリ島の祈祷師バリアンのパワー入りガムランボール紐ネックレス バスケットL 今日は、台風の影響で涼しい一日でした。でも、この台風があちらこちらで被害をもたらさないように願います。
そんな気持ちから久々にバリ島の願いの話をします。インドネシアには、ガムランという楽器があります。
ガムランとはインドネシアのジャワ島中部の伝統芸能であるカラウィタンで使われる楽器の総称の事です。「ガムル(たたく、つかむ、あやつる)」という動詞の名詞形で、その名の通り、叩(たた)いて音を出す楽器がほとんどです。
そのガムランは、バリでも宗教儀式に神に捧げる音楽を奏でる楽器として欠かせません。
その音色は邪気を取り払い、癒しをもたらすと言われてるのです。
そしてその神聖な音色を小さなボールに閉じ込め、願いを叶えると伝えられてきたのがガムランボールです。
海外で人気のサッカー選手がつけていた事から密かなブームになったそうです。
バリ島の祈祷しが、このガムランボールに願いや思いが叶うようにと、力をこめて祈ってくれるらしいです。
どうか、無事何事もなく穏やかに台風が過ぎ去りますよ~に!。

2005/07/26 17:29 | バリ島の思い出・・・。COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。